FREEZE TECH

FREEZE TECH「働く人を冷やしたい!」プロジェクト

一年中暑い環境で働く人たち、そして近年問題となっている真夏の異常な暑さや熱中症。そんな過酷な状況で働く
人たちをなんとか応援したい!という目的で様々な職業の方々にインタビューを実施。
実際にFREEZE TECHを着用・体感してもらい、人々をひんやり快適にしていくプロジェクトです。多種多様な職種の
中でいかにFREEZE TECHが活躍できるのか?ぜひご覧ください。

暑い環境で働く人 04

果樹農家

山口 勝也 さん

「ふるさとの山に向かいて 言うことなし ふるさとの山は ありがたきかな」啄木にそう詠われたことで知られる岩手山。その裾野に広がる盛岡市、清らかな清流に恵まれた北東北の中心地にて、家族でりんご園を営む山口さんにスポットを当てた。
「脱サラして家業を継いで8年目。最初はしんどかったですね。ただやってみると肉体労働と熟練の作業が同居する遣り甲斐がある仕事でした。何より手塩にかけて育てたリンゴを収穫するという他には代えられない喜びがありますよね。まあ、正直そんなお金は儲からないですけど(笑)」
山口さんのりんご園では15品種、1700本もの木が植えられていて、年に約34万もの林檎が収穫される。取材時は4月初頭で花摘み&摘果(着果数をコントロールするための工程)の真っ只中。うっすらと汗が滲む程度の気候の中、『フリーズテック』を着用して作業してもらった。
「とても肌さわりが良いですね。あと汗をかいても不愉快な感じがしない。5月~8月の暑い時期にこれを着ていたらだいぶ楽になりそうですね。」
林檎は一日単位で大きくなるので、作業はスピードが大切。ただ日陰も無く、照り付ける日差しの下、休みなく頭を使いながら動き続けるとなれば、その暑さは相当なものだろう。農薬散布時などは猛暑でもカッパ×マスクでサウナ状態なんだとか。
「まあ乗り切れば大きな喜びがありますから。今は収穫の半分は贈呈用として直接販売しています。特に広告は出していないのですが、ありがたいことに何年もリピートしてくれているお客様が新しい人を紹介してくれたり口コミで新規が増えているんです。直接お客さんから美味しかったと手紙をいただいたりすることもあるんですが涙が出るくらい嬉しかったですね。」
たまの休日には幼い子供たちとひたすら遊んでいるという子煩悩な山口さん。そんな朴訥で心優しい彼とその家族が造る美味しい林檎がご入用の際は、是非山口リンゴ園にご相談を。
山口りんご園 ☎019‐659‐2103

User Coordinate

<h4>冷却インナーシャツ</h4><h5>長袖クルーネック</h5>

冷却インナーシャツ

長袖クルーネック

color: Black

size: M

¥ 5,800(+税)

TOPへ
Facebook