FREEZE TECH

FREEZE TECH「働く人を冷やしたい!」プロジェクト

一年中暑い環境で働く人たち、そして近年問題となっている真夏の異常な暑さや熱中症。そんな過酷な状況で働く
人たちをなんとか応援したい!という目的で様々な職業の方々にインタビューを実施。
実際にFREEZE TECHを着用・体感してもらい、人々をひんやり快適にしていくプロジェクトです。多種多様な職種の
中でいかにFREEZE TECHが活躍できるのか?ぜひご覧ください。

暑い環境で働く人 02

惣菜店 店主

宮崎 喬 さん

東京都北区の高台にある東京最大の団地群「桐ヶ丘団地」。昭和の香り漂うノスタルジックな団地の商店街に居を構えて25年の惣菜店が「宮崎商店」である。今回は2代目店主である宮崎さんに仕事についてお話を伺った。
「朝は8時くらいから準備を始めて10時くらいに店を開けます。それからはちょこちょこと補充しながら、注文も受けたり、宅配に言ったりで19時半に閉店。そこから買い出しをして、仕込みをして…仕事がひと段落するのは22時くらいですかね」
結構なハードスケジュール。休みも少なく大変ではないかと尋ねると 「地元密着でほそぼそとやっていますんで。母親直伝の台湾料理がウリですけど、言われたら何でも作りますしね。以前地元のイベントの際にはおでんを30人前仕込んだこともありました(笑)月並みかもしれませんが美味しかったと声を掛けてもらえたりすると励みになりますね」
そんな宮崎さんが一番に危惧しているのが夏の「暑さ」だ。
「見ての通りオープンスペースなのでとにかく暑いんです! クーラーや扇風機も効果は然程ありませんし、昼時に大量に炒め物の注文が入ったりした際には汗だくで倒れそうになることもありました」
今期は暑さ対策として夏前に『フリーズテック』を入手、今夏の秘密兵器として期待しているのだとか。
「これは汗をかけばかくほどに冷たく感じられるので着ていて気持ちが良いんです。それに防臭効果もあるので僕らみたいな商売には嬉しい。これで今年は真夏日でも一日頑張れるかな(笑)」
桐ヶ丘団地商店街の昭和レトロな街並みは一見の価値あり。平成も終わった今、近場に赴いた際にはちょっと足を運んでも面白いかと思う。その際には宮崎商店自慢の台湾ちまき&肉まんを一つ頬張ってみてほしい。

User Coordinate

<h4>冷却インナーシャツ</h4><h5>長袖クルーネック</h5>

冷却インナーシャツ

長袖クルーネック

color: Black

size: L

¥ 5,800(+税)

TOPへ
Facebook