COOL BOOST FREEZE TECH

JAPAN TECHNOLOGY MADE in JAPAN

氷撃 汗と風(走行風)で驚異の冷却体験。

COOL FEELING TECHNOLOGY

冷感テクノロジー

FREEZE TECH 冷感テクノロジーの特殊冷感プリントで処理した繊維が、人の皮膚から発生する水分(汗)を吸収するとその吸熱特性により繊維の温度が下がり、冷感を付与します。オートバイでの走行風で、より涼しさを感じます。

10秒後に温度比較値は最大に!

第三者機関による冷感プリントの涼感性能評価
特殊プリント生地温度比較テスト

【試験内容】
左:特殊プリント無しの生地 右:特殊プリント有りの生地
それぞれの生地の中央に水を0.2g滴下して、表面温度を33℃に設定したホットプレートに生地を置きサーモグラフィで温度変化を測定。左側の特殊プリントが無しの生地と比較して、右側の特殊プリントを施した生地の温度が低いことが確認できる。

素材の特長

  • COOL

    冷感機能

    FREEZE TECH 冷感テクノロジーの特殊冷感プリントで処理した繊維が、人の皮膚から発生する水分(汗)を吸収するとその吸熱特性により繊維の温度が下がり、冷感を付与します。オートバイでの走行風で、より涼しさを感じます。

  • UV CUT UPF35

    UVカット UPF35

    紫外線対策の先進国オーストラリアやニュージーランドで用いられる紫外線保護の基準にて、高い紫外線カットの効果を実現しております。

  • DRY

    吸水速乾性

    水分を素早く吸収して乾燥させます。汗をかいても着用時の快適性につながります。

  • MODERATE COMPRESSION

    適度なコンプレッション

    着圧は緩めで着心地が良く、突っ張るようなコンプレッション独特の締め付けが苦手な方におすすめ。疲労軽減や回復効果にもつながります。

  • STRETCH

    2WAYストレッチ

    縦横(2WAY)に伸縮するのでストレッチ性にすぐれ、身体の動きをスムーズにし不快なつっぱり感によるストレスを軽減して体に馴染みます。

設計と使用

  • メッシュ使い

    脇腹や背中の蒸れやすい部分に風が抜けるように設計しています。走行中に風を受けることで冷感をより強く感じることができます。

  • ローネック

    ライディングポジション(前傾姿勢)の際、ヘルメットから出る首筋を紫外線から守ります。

  • ドロップテイル

    前傾姿勢を取っても腰が出ることがないように後身頃裾部分を長くする設計にしています。

  • フラットシーム

    縫い合わせ部分の凹凸がなく平面になる為、違和感の少ない肌触りで着心地が良く、直接肌に触れるインナーにとって理想的な縫製仕様です。

  • ラグランスリーブ

    肩の可動域や腕の動きやすさを確保する為にラグランスリーブを採用。

ラインナップ

ライダーズボイス

夏場のツーリングが楽しくなる!

ハーレーダビッドソン メガ松戸
店長 芹沢さん

ツーリング時にデニムシャツのインナーとして着用しましたが、快適なライディングでした。特に走行風がよくあたる高速道路ではその効果を体感でき、暑さでバテるような疲労感も少なく感じました。
また身体にフィットしつつも肩回りが動きやすいのも良いですね!

まさに氷撃!お勧めできます!

ライコランド TOKYOBAY 東雲
用品リーダー  下垣内さん

日常での使い勝手を確かめたく、普段のバイク通勤時に使用しました。これはビックリ!驚くほど冷えましたよ!まさに氷撃といった感じです。
着圧も強くないので締め付け感も少なく、2wayストレッチも効いていて通勤中も違和感はありませんでした。
様々なお客様にオススメできますね!

汗をかいてもベタつかず快適!

モーターマガジン社 月刊オートバイ
編集長 松下さん

ツーリングの際、FREEZE TECHにTシャツを重ね着し、雨対策として耐水性のあるジャケットを合わせて使用しました。走行風を感じやすい高速道路では特に冷やされる印象でしたよ。
吸水速乾性が高いおかげでベタつかず、汗をかいてもサラサラとした快適な着用感でライディングできるのが嬉しいですね。

取扱店

店名 住所 電話番号
pagetop